2020年3月16日月曜日

オーストラリア森林火災募金ポスター ご報告

この度、オーストラリア森林火災募金ポスターの売上金7,000円を本日現金書留にて多摩動物公園へ納めさせていただきました。

ポスター売上の内訳は以下の通りです。
ポスター14枚×500=7000

ご賛同、ご協力いただいた皆様にはこの場を以てご報告とさせていただきます。
ありがとうございました。
今回のオーストラリア森林火災への募金は3月いっぱいで受付を終了するとのことです。また何か継続的にできることがあれば今後もこの様な活動を細々とでも続けていけたらと思っています。



2020年3月10日火曜日

2020カレンダー

大変遅ればせながら、2020年度のカレンダーできました!

毎年作ってきたカレンダーのなのですが、自分の中では今年から作る事をしばらくやめようかと思っていました。
毎年コツコツ描き貯めた原画から12枚を選んでカレンダーを作るのですが、沢山の人に気軽に手に取って楽しんで欲しいという気持ちと本当に自分のやりこととの気持ちのバランスを取るのが難しくなってきていたのが理由です。

ただの自己満かもしれないのですが、私にしかできないものを作り、良い!と感じて下さる人や場所にきちんと届けることをもう一度やっていきたい。その一歩として考え直した時に2020年のカレンダーも作る意味があるなと思えました。そこからは今まで自分が知らず知らずのうちにストレスに感じていた部数や質や価格を思い切って変えようと決心。矛盾しているのですが、究極はこれで売れなくても良いと思えるかどうか。自分がちゃんと気に入っているかどうか。そんな気持ちで作ったカレンダーです。

毎年ご購入いただいている方には価格が変わっていたり、サイズも大きくなっていたりで戸惑わせてしまっているかもしれません。ごめんなさい。

カレンダーは2020年4月スタート、2021年3月終わりの12ヶ月です。
サイズは見開きでA3サイズになります。絵の部分だけでたっぷりA4あるのです。
絵は全てこの1年以内に描いたものを使っています。
価格は1500円+送料370円になります。

詳細はWEBショップでもご覧頂けますので見ていただけたら嬉しいです。



2020年1月20日月曜日

オーストラリア森林火災募金ポスター

オーストラリアの森林火災を受け、このコアラのポスターを販売し、売上の全額を東京ズーネットさんを通じてzooaquarium.org.auに寄付する活動を本日よりスタートしました。

ポスターはA4サイズ、1枚500円(送料別途200円、10枚まで)になります。
壁に飾って楽しんでもらえるよう、半光沢の厚手の紙に印刷しました。
販売期間は2月いっぱいまで。集まった売上は全額募金という形で東京ズーネット、多摩動物園へ納めさせていただきます。また、こちらで金額と受け渡しのご報告をします。

ポスターのご購入は以下ネットショップ「大間々商店」からお願い致します。
大間々商店





このコアラの絵は2019年の夏に描いたもの。その時はこんなことが起こるとは思いもしませんでした。私はいつも生き物や自然から沢山のインスピレーションをもらっています。オーストラリアに対して、また困っている人や地域に対して、どういうことをするのが正しいのか正直分かりません。また、そういった場所全てに同じように働きかける力も持っていません。でも今回は焼け死んでいくコアラを始めとする動物たちの姿、熱波の中救援活動をされている人たちの姿をニュースで見る度に心臓が痛くなり、自分のやれる範囲で動いてみたいと思い、このような結論に至りました。

このような呼びかけを自分からするのは今回が初めてで、至らないところもあるかと思うのですが、互いに何かを考えるきかっかけになれば幸いです。

2019年6月26日水曜日

益子の旅

引っ越し作業が一段落し、お疲れ会も兼ねて思い立って益子へ行くことに。
車の運転に苦手意識があるのですが、最初は主人が、残りの高速と下道と約1時間半は私が運転。緊張しまくり集中しまくりで肩ガッチガチなりましたが車で目的地まで行けるって素晴らしい…!!!と感動。

益子に行く前に真岡駅に立ち寄り、真岡鉄道のSLや駅舎を見学。
駅舎がSLの形をしている真岡駅。かっこいい…




















真岡駅を上から見下ろしたところ。リアルトーマスの世界…





















益子で訪れた大誠釜さん。数少ない、というか益子でもここだけというのぼり釜で、店内に入った瞬間にここの器が欲しい!となる。一見きをてらわない伝統的な印象だけど、土と火と人間の作り出す原始的なエネルギーに満ちている。静かだけど力強い、生き物みたいな器。おかみさんとも沢山お話をさせていただき、何故か立ち入り禁止の裏の場所にも行ってきて良いよ、と言われ息子と探検。
積み上げられた薪、職人さんたちの作業の痕、作業場の雑多なアトリエのようなのだけど神聖な空気、人なつこい山羊、億病な犬、自我のある鶏、動じないアヒル…
器以外に出会いが沢山の旅でした。




















動じないアヒル











気持ち新たに日記を始めます。

更新しなかったりしたり、していないことの方がずっと多かったこのブログ。
私は最近引っ越しをして環境が大きく変わったのですが、それに伴い気持ちを新たに日記をつけていこうかと思います。毎日書けるかは分からないのですが…。
ブログを更新していない間も日記を書くように毎日絵を描いているのですが、絵だけでも良いかと思っていたのですが、自分の備忘録としても文字で記録するということも面白いのかなと最近思ったのでやってみたいと思います。

引っ越したのは 5/6、初めて東京以外の街に住む。緑が多く、歴史もあり、子どもと遊ぶ場所も沢山あってとても良いところ。都心にもアクセスしやすいので何の不便もない。東京には何でもあるけど、ここには東京にはないものがある。土地が広いのが良いです。
最寄り駅から歩けるのと、駐車場が敷地内にあるのと、猫ウェルカムなのと、部屋から竹林が眺められるのが気に入ってこの家に決めました。

時間によって色んな表情を見せてくれる窓辺。




































引っ越してからすぐ描いた絵













2019年2月13日水曜日

不自由の中の自由

伊勢丹立川店での展示も先日無事終わりました。絵を見ていただいた方、ありがとうございました。久しぶりの展示で何だか夢を見ているような2週間でした。今の自分にとって、それくらい大事な時間でした。精神的に死なずに済んだ。

依然として自分を取り巻く環境は何も変わっていないのだけど、自分自身の気持ちが変わったというか、辛いことも楽しいことも人生なので楽しみたいと今は思えています。
無駄なことは無いのだと思います。最近は生きることについてよく考えます。生きるとは何か。ただ生きているだけで素晴らしいのだと思います。
毎晩、布団ですーすー寝息を立てて健やかに眠る息子が全てを教えてくれます。
不自由さが無ければ自由を感じにくいかもしれないし、全てが自由の中では自由を自由だと感じにくいかもしれません。何事も表と裏があるからバランスが良いのかもしれません。私個人としてはどちらかの成分が多すぎたり少なかったりするので、もう少し良い塩梅にバランスを取っていきたいです。